J-REITでM不動産、M地所がなくなる?


M不動産やM地所が自社保有の既存の賃貸ビルをJ-REITに入れて、その売却資金で開発事業を行なうことも考えられます。しかし、仮にすべてを売却してしまったとしたら、安定した賃貸収益というバッファーを失った既存不動産会社の株は、ハイリスク・ハイリターンという性格を持つようになります。また、これまで厚みのある賃貸収益に支えられた収益構造により、資金リスクが小さく結果的に安い資金調達が可能であった仕組みが働かなくなります。

賃貸収益

また、逆に賃貸ビルを中心としたM地所が丸の内の再開発を一段落させたら、J-REITと同じ性格を持ってしまうのではないでしょうか(他の地区で秋極的に開発を行なえば話は別)。J-REITが開発物件を扱うようになるということは、J-REITが所有、既存不動産会社が運営・開発という機能分担で究極の「所有と経営の分離」です。そうなると、いまのM不動産やM地所は消滅しないまでも、相当形態が変わっていることも想定されます。その場合は、J-REITのファイナンスの中心となる証券会社が、銀行に代わって不動産会社により大きな影響力を持つようになるかもしれません。

不動産

なお、投資法人は法律的にはストレートに「開発」を投資対象とすることができるのでしょうか。法律の解釈をめぐって「できる」と「できない」という両説があります。現実に売り出されたJ-REITでは「建て替え」が想定されていることからも「開発」を排除する積極的な理由はないと思います。今後、J-REITが発展していく過程で法律的整備を含めて検討されるべき課題といえます。


兵庫県の環境の良い街に生活してみたいという方!!
明石市エリアは是非オススメです。都会ほど家賃も安く,大阪へもすぐアクセスできるので,交通アクセス面が大変便利です。
また,明石駅から少し離れた地域へ行くと,公園やスーパーが並び,学校もあるので,子育てには良い場所でしょう。学校の悪いうわさがたつ事もなく,おっとりとしている方が多いので,他県から引っ越してきた人にも親切にしてくれるので,すぐ生活に慣れていきます。
駅近辺で買い物はほとんど済ませられるので,日常生活に困る事もありません。人も穏やか,緑も海も田んぼもあり。ちなみに平坦な道が多いので,一人暮らしでもファミリーでも過ごしやすいです。様々な賃貸物件が多くあるので,是非お探しください。

文京区の面積は11.29平方キロメートルと東京23区の中でも20番目の小さなエリアだってご存知でしたか?そんな文京区の平成29年1月時点の人口は,213,969人となっています。
そのうちの9,174人は外国の方という外国人にも人気のある地域になっています。平成8年には都市マスタープランが策定されており,建物の高層化だけでなく地下鉄道の開通なども行なわれていて,ますます暮らしやすいエリアへと進化しているのです。
文京区での不動産探ししているのでしたら,しっかりとネット等で情報を得た後に不動産会社を訪れて物件を探すことをお奨めします。
直接不動産会社に行ってしまいますと,自分の希望を伝える事もできず,無駄足になってしまいます。どの不動産会社がより自分の希望に合った文京区の物件を見つけられるのかを確かめた上で物件探しを始めて下さい!

千葉県の習志野市にある津田沼駅周辺で賃貸物件について詳細を調べてみませんか?津田沼駅は,都内へのアクセスに優れていて,都内の各主要都市へと簡単に向かうことができるため,ベットタウンとして多くの人を惹きつけている人気の高いエリアです。スーパーや美容院などコンパクトに収まっており生活していて日々困ることがありません。そんな津田沼駅周辺で賃貸物件を見つけませんか?津田沼駅周辺の賃貸物件ならきっと貴方や貴方のご家族全員満足した生活を送ることができますよ!津田沼に興味がわいてきた貴方は津田沼エリアから的を絞って賃貸物件をご確認下さいませ。津田沼エリアにはオシャレな賃貸物件や、充実設備が備わった賃貸物件など多種多様です。